もっちりジェル デメリット

MENU

もっちりジェルにもデメリットはあるの?事前に知っておきたいこと

もっちりジェル

どんなに口コミが良い化粧品でも、何かしらのデメリットはあるものです。そのデメリットが大きいか小さいかの差もありますが、商品のデメリットを知っておく事で「何に気を付けて使えば気持ちよく使えるか?」を知る事も出来ます。
なので、商品のデメリットを知っておく事はとても大切な事でもあるんです。

 

もっちりジェルを購入する上で、事前に知っておきたいデメリットなどについてを、コチラで掲載していきます!

 

もっちりジェルにはデメリットはある?

もっちりジェル

もっちりジェルを実際に使った私ですが、そこまで目立ったデメリットというものはありませんでした。

 

ただ、しいて言うならテクスチャーがサラっとしているので、思ったよりも保湿感が得られないかもしれない、という部分かもしれません。

 

汗ばむ時期やベタつきが苦手な人にとっては使いやすいかもしれませんが、こってり保湿が好みの方にとっては、最初の使用感はあまり好みではないかもしれません。

 

ただ、重ねて使う事で保湿感を上げる事が出来るので、気になる方は使用感に慣れるまで、重ねてつけたりして対策してみる事をおススメします!

 

もしもっちりジェルをつけてもどうしても乾燥する!という場合、肌の水分が足りていない可能性もあります。

 

肌の水分量が足りないと、どんなに良い化粧品を使ってもお肌に浸透しにくくなってしまうんです(´・ω・`)

 

例えば、からっからのスポンジと水を含んでいるスポンジだと、カラカラのスポンジは水分を吸収するのに時間がかかってしまいますよね。お肌に適切な水分が無いと、肌の表面上に成分が留まってしまうので、せっかくの化粧品の効果も半減してしまうんです。

 

もしもっちりジェルを使って乾燥を感じる場合は、化粧水でお肌の水分量を適量に戻してあげてからもっちりジェルを使うと、良い感じに保湿する事が出来るかと思います^^♪